気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

ブーツのお手入れ

2015年12月6日 

北海道にいた頃は、冬の足元はもっぱら暖かいノースフェイスのヌプシブーティーか、雪に強いスエード素材の靴でした。北海道に異動する前に金沢のKOKONで買ったカーフのサイドゴアブーツは、北海道ではあまり出番がありません。首都圏に来て久しぶりに履いてやろうと、ささっと磨いてやりました。

kokon_boot_care1
手入れ前

写真は手入れ前ですが、革に栄養が足りていないようで全体的にやれています。右つま先にも傷が入っています。

靴の磨き方はごくごく一般的です。

  1. 固く絞った濡れ雑巾で軽く汚れ落とし
  2. 乳化性クリームを塗布後、ブラッシング
  3. つま先と踵をワックスでシャイン
  4. パンストでさらにシャイン
kokon_boot_care2
手入れ後

あまり代わり映えがしないのは、写真の腕前のせいです…質の良いカーフはちょっとでも磨いてやると、その輝きを取り戻します。コバの部分にも乳化性クリームを塗りこむと見栄えが良くなります。

ちなみに、こちらのブーツの革はカールフロインデンベルグという、今は廃業となったドイツのタンナーのものです。購入した7年前の段階でデッドストックしかなかったように思います。今でもKOKONさんでアップチャージで注文できるかもしれません。もう少し履き込んでやれば、いい味がでそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×