気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

ニットのお直し ~パタゴニアのカシミアセーター~

2012年2月22日 

パタゴニアのカシミアセーター

10年ほど前に買った、パタゴニアのカシミアセーター。当時はパタゴニアやカリマーなどのアウトドアブランドが大好きで「こらから登山ですか?」のようなカッコを毎日していました。今でも趣味で山に登りますが、アウトドアウエアを街着にすることは殆どありません。ただ、このニットはシンプルなスゥエット型でイタリアンなカッコに合わせられそうです。ところが、当時のアウトドアものの宿命でサイズがXSと言えども完全な「メタボフィット」なんです(涙)。

IMG_14461.jpg

ムササビのようなアームホールに、ビール腹を優しく包むおへそ周り・・・とても着られたものではありません!こうなると「お直し」するしかないですよね。シャツやパンツのお直しは一般的ですが、ニットのお直しはどうなのでしょうか?色々と調べると札幌にもニットのお直しを得意としているお店があるようです。そちらに持ち込んで話を聞いてみると、お気に入りのスメドレーのニットのシルエットに合わせてお直しOKとのこと。アームホールと身幅を削って値段は3,000円代。意外と安い!?私はてっきり1万円前後だと思っていました。

そなんこんなで、スリムフィットに生まれ変わったカシミアセーターがこちら!

P21800061.jpg

袖がラグランスリーブになっているため、スメドレーのニットと同じシルエットにはできませんでしが、かなり満足度は高いです。今のニットと同じスリムなサイズ感に仕上がっています。修理前はタンスの奥深くに眠っていましたが、修理によって一軍復活です。ヤコブのデニムとアスペジのM-65を合わせればイタリアンの日常着!?中に白シャツを合わせても良いですね。

縫い目の拡大図はこちらです。

P2180002.jpg
表側

P2180004.jpg
裏側

言われないと修理した後とはわからないですよね。値段は丁度3,000円。この価格ならもっと前から出しておくべきでした!もしシルエットがイマイチなニットがありましたらお直しするべきですよ。パンツの裾直しと同じように気軽に修理出来ます。ちなみ私が修理をお願いしたお店は札幌の「FUKUKOU」さんです。ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
6件のコメント
COMENT
  • Dateotoko

    Julieoさんこんばんは、
    いやぁ~、参りました。まさかニットを「お直し」するとは。とても参考になりました。さっそくDateotokoも実行したいと思います。

  • JulieO

    Dateotokoさん、こんにちは!
    コメントありがとうございます!
    ニットのお直し、意外と手軽でしたよ!おそらく富山でもやっているお店はあるんじゃないですかね~。ただ、ヤ○グドライのお直しはお勧めしませんけどね(´・ω・`)
    ぜひ眠っているニットを復活させてあげてください。

  • この出来で¥3000とは安いですよね。
    イタリアンの日常。いいじゃないですか!
    こんなカッコ、大好きです!!

  • JulieO

    katsuさん、こんばんは!
    そうなんです!身幅とアームホールの修正で3000円なら安いですよね。
    これも人件費の安い北海道価格のせいかもしれません。
    富山でもニットのお直しのお店があるようですよ。
    カシミア好きのkatsuさんもいかがでしょうか?

  • アウスレーゼ

    ジュリさん、こんばんは。
    先日はありがとうございます。
    次回はぜひ、ゆっくりしたいですね。
    お互いトピックも増えてそうですし(笑)。
    しかし、カシミアをその値段で加工してくれるとはすごいですね。
    本当に最近の加工技術はすごい♪

  • JulieO

    アウスさん、こんばんは!
    いつもコメント、ありがとうございます!
    次は夏ぐらいですかね~。
    次はゆっくりと飲みましょう!
    柔らか~いカシミアでもご覧のとおりキレイに直りました。
    ニットのお直しも気軽にやるべきですね。

×