気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

私の出張スタイル part1

2012年12月19日 

12月になって出張がちょこちょこと入り、久しぶりの更新になりました。地方に住んでいる私は、出張というとたいがい都会に行くことになります。土日に絡む場合は、これ幸いにと田舎では買えないものを休日にチェックしたりします。そんな時の出張スタイルはオンオフ兼用できるスーツが便利ですね。私の場合はボリオリ(BOGLIOLI)のドーヴァーモデルの出番が多いです。

上の写真はDOVERモデルではなく、今はお亡くなりになったWIGHTモデルですが、まぁ似たようなものです。無地のライトグレーのスーツですので、仕事では申し分がないですよね。プライベートでは、パンツ、ジャケットでそれぞれ単品使いが可能です!パンツなら超ベーシックなグレーパンツなので何にでも合います。ジャケットの単品使いならデニムに合わせるのがよいでしょうか。とにかく、これでオフの日用の上着orパンツを持っていく必要が無くなりますので、ありがたいですよね。出張時には荷物が少ないことに、越したことはありませんから。

これに加えて、ドーヴァーは一枚仕立てで、パッキングしやすいという利点があります!副資材が入っていないため、畳んだ時にかさ張らないんです。ドーヴァーに限らず、ジャケットを畳むときはこんな風に裏返し、襟の中心から折り返します。この状態で畳めばシワがついても裏側なので、目立ちません。

この状態から三つ折りに畳むと、下のようにコンパクトに!

この状態で収納袋に入れてやります。私は無印良品の「ナイロンたためる仕分けケース」を使っています。こちらは値段も安く、収納が上下二カ所あるので非常に便利です。

これでWIGHTスーツ+シャツ×2が納まっていますよ。パンパンに見ますけど、これでピッタリです(笑)。かさばるガーメントケースなんて持たなくても、こんなにコンパクトになります!

ただ、この収納の仕方では僅かながらスーツにシワが入ってしまいます。もっとも、スーツのシワはお湯を張ったバスルームにスーツを掛けておけば、翌朝には殆ど取れます。ガーメントケースは使わずに、私はいつもこれでスーツを持っていっています。

次回は私が愛用している旅行鞄です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×