気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

diadoraのハイカットスニーカー 〜リブパンツに合わせるスニーカー〜

2013年11月17日 

今シーズンに買ったGTAのリブパンツのGIORGIO。ストレッチが効いてリラックスした履き心地と、裾の絞りがオシャレ感120%増しで、とても気に入っています。ただ、気になる点が一つありまして…それが、足もとがローカットのスニーカーだと、足くびが強調されてしまう、ということです。リブパンツを履いている人はあまり見かけませんので、意外と他人の視線が足もとに集まります。さらに、靴下の色柄もはっきりとわかるので、靴下と靴、パンツを意識して合わせなければなりません。

もっとも、トッズのウィンターゴンミーニのように、足首を隠す靴を履いてしまえば、気にならなくなりますけどね。そんなわけで、トッズとは別に、もう一足ぐらいリブパンツ用の靴があってもよいだろうと、diadora(ディアドラ)のハイカットスニーカーを買ってしまいました!

diadore_heritage

GTAのGIORGIOのような裾を絞ったパンツには、足首を補うブーツやハイカットスニーカーがピッタリです。色はダークブラウンでスエード素材。ネイビーとも迷ったのですが、秋冬用の靴としてベタではありますが、暖かみのある色と素材にしました。

こちらを買ったショップはyoox.comです。ディアドラは試し履きをしたことが無く、サイズ感が心配でしたが、yoox.comは返品可能なので、その辺は心配いりません。さらに、もちろんこちらはセール価格。こんな合わせやすそうな色と素材ですが、ハイカットスニーカーはローカットよりも人気が無いんでしょうね〜。丁度10%OFFのクーポンコードもありましたので、ポチッといってしまいました。

diadore_heritage_up

ディアドラといえば、スニーカーまでも洗いをかけ、わざと汚れを施した、この加工技術です。写真からわかるように、スエード素材が少しうねって、ナイキでいうところのスウッシュの部分が汚れたようになっています。ウォッシュド加工もここまできたかといった感じですね〜。まっさらなスニーカーを履く気恥ずかしさが無いのは利点です。

diadore_heritage_upper

上から見るとニューバランスのスニーカーみたいですね。上半身にボリュームがでやすい秋冬のスタイルには、こんなポッコリとした表情のスニーカーが合いそうです。

気になるサイズ感ですが、革靴が7ハーフ(イギリスサイズ)の私が8で、つま先に余裕がないくらいピッタリです。スニーカーなので、もうワンサイズ上げたほうがよいですね。靴が大きく見えたほうが、スタイルのバランスが取りやすいですからね。こちらは、許容範囲内でしたので、返品まではしませんでしたけどね。巷の噂通り、ディアドラは小さめのようです。通販を考えている方は、普段はいているサイズから1/2〜1ほど上げたほうが良さそうです。

スタイリングは着画は次回にご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×