気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

メローラ(MERORA)のディアスキングローブ

2015年1月15日 

今の時期に毎日身につけているアイテムと言えばグローブです。私はおもにメローラのディアスキン(鹿革)のグローブを愛用しています。

aspesi_grove
grobe:merora

厚みのある革とカシミアのライニングが、北海道の冬の寒さから手を守ってくれます。同じメローラのヌバックや、ソリのペッカリーも使っていますが、防寒性の点ではディアスキンのモデルに軍配があがります。また、独特のシボともっちりとした質感は、けしてペッカリーに負けていません。さらに、革自体がしっかりしていますので、使い込んでもヘナヘナになりません。上の写真にあるように、アスペジのM-65のポケットに差し込んでもピシッとしているのがわかりますよね。それでいて、値段はペッカリーに比べればだいぶお手頃です。

merora_grove_liner
カシミアライニング

ここで話が少し変わるのですが、北海道ではハンターの減少でエゾシカが爆発的に増えています。函館方面は少ないといわれていますが、山中に行くと私でもエゾシカの大群に出くわしています。

deer

増えすぎたエゾシカは駆除されていますが、今はジビエとして食べられたり、革製品にしたりと、だいぶ活かされています。メローラのディアスキンのグローブが良くできのグローブですので、エゾシカでもきっと同じように素敵なグローブができるでしょう!上手く活かされれば駆除されたエゾシカも浮かばれますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×