気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

De Petrillo(デ ペトリロ)のジャケットの合わせ方

2014年12月29日 

正月休みに入り、ようやく自分の時間が確保できるようになりました。今のうちに魂の限界!?まで更新していきます。

前の記事でご紹介したペトリロのジャケットの合わせ方ですが、ビジネスならこんな感じです。

petrillo_business3
jacket:De Petrillo
shirts:BARBA
tai:nobunoza
belt:Felisi
pants:INCOTEX
shoes:KOKON

ジャケット(スーツ)スタイルの時に私が気にかけているのが、ジャケット(スーツ)、ネクタイ、シャツの3点のうち、柄物は1点で他の2点は無地にするということです。今回の合わせ方であれば、ジャケットがウィンドウペンの柄物なので、シャツとネクタイは無地という訳です。けして「この通りで無ければならない」というわけではありませんが、コーディネートがまとまりやすくなります。特に、今回のような柄物のジャケットが苦手、という方でも取り入れやすいかと思いますよ。

ネクタイはカシミア、シューズとベルトはスエードにして季節感をだします。後は色調がブルーのグラデーションとなるようにまとめました。落ち着いたコーディネートですので、ビジネス対応も問題ないかと思います。

次は、同じジャケットを使った休みの日のコーディネートです。

petrillo_jacket_window_coordinate
jacket:De Petrillo
shirts:BEAMS F
pants:PT01
shoes:KOKON

シャツは今期に買ったビームスオリジナルのシャンブレーシャツ。ビジネスでも使えるジャケットに、ラフなシャンブレーシャツを合わせると、こなれた着こなしになります。全盛期は過ぎたかと思いますが、いかにもセレクトショプの店員さんが好みそうな格好ですね。

パンツはオフホワイトでクリーンな印象を与えます。デニムを合わせたければ、シャツはシャンブレーでなく、ブロード地のものが良さそうですね。靴はセミブローグを合わせていますが、できればオールデンのような存在感のある靴の方がよいかと思います。

オンオフの合わせ方をご紹介しましたが、一つ残念なことが・・・
それは、函館在住の私ではジャケットを着ていく場所が少ない、ということです。こちらのジャケットを初めて着ていったのが、函館にあるロワゾーという素敵なフレンチのお店で、これっきりなんですよね。そろそろ、都会に異動にならないかな・・・。

ロワゾー
函館のロワゾーにて
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×