気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

聖域なき洋服見直し 〜COSINEドレスラック×finamore〜

2013年3月2日 

3月に入り北海道の函館も、春を感じる季節となりました!道路脇には雪がうずたかく積もり、最高気温は5度にも満たないんですが、日中に日差しがあれば十分に暖かいんです。こんなふうに感じるようになるとは、私も立派な北海道民になった証拠かもしれません。ちなみに私が住んでいる町内はこんな感じです。

IMG_0440

家から徒歩数分のある通りです。こんなど田舎に住んでいるファッションブロガーはそうそういないでしょう(笑)。

本題に戻ります。北海道の春は遅いとは言え、ブロガーたるものシーズンの先取りをしなければいけません。冬はニットばかりで出番の少なかったシャツを久しぶりに出してみました。せっかくなので、前回ご紹介したCOSINEのドレスラックにかけてみましたよ。

部屋の中にコサインのドレスラックがコーディネートされている。

やはり作業着をかけておくより、同じ種類の洋服をかけておくほうが様になりますね。セレクトショップとまでは言いませんが、どこかのインテリアショップの洋服コーナーみたい!?こんなふうに見せる収納として部屋に馴染むのはCOSINEのドレスラックのなせるワザですね。シャツ用とスーツ用とで、もう一つ買ってもよいかもしれないな〜。

コサインのドレスラックにフィナモレのシャツがたくさん架けてあります

ドレスラックにかけたシャツはすべてフィナモレです!全部で13枚もあります。内訳はセルジオが11枚、ドレスシャツ(前から4枚目のライトブルーストライプ)が1枚、シルバーノ(一番奥のピンクシャツ)が1枚です。多すぎると思われるかもしれませんが、富山の名店アルバーノさんの顧客でしたら、この枚数はありうる数のはずです。アルバーノさんでは5〜6年前からフィナモレを取り扱っており、シーズンに1枚ペースで買っていくとこの枚数になってしまいますね。オーナーさんいわく、20〜30枚も持っているツワモノがいるみたいです。

こうしてドレスラックにかけてシャツを見直してみると、わかることがありますね。13枚のうちオンでも使えるシャツが5枚しかないんです。こうなると次に買うフィナモレのセルジオは、オンでも使える一枚が有効です。また、色味が白、青、赤なのでコレ以外の色であれば着こなしが広がりそうです。そうなると、次は茶系でビジネスでも使える一枚がよいでしょうか。こんなふうに自分のワードローブを見直せば、賢く買い物ができそうです。皆さんもシーズンの始まりを前に手持ちの洋服を見直してみて下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2件のコメント
COMENT
  • こんばんは~!!お久しぶりです。
    ・・・と言っても、コメントがということなんですが。

    サイトを新たにされてからもたまに訪問はしていたのですが、
    これまでこのアカウントで使えるメールアドレスがなかったものですから。
    変更されたみたいで、書き込むことができました♪

    このラック、おしゃれにシャツをディスプレーできますね~。
    そして、フィナモレのきれいなグラデーション!!
    僕もシャツを飾るようにして保管したいですが、
    そんなの妻に許されないでしょうね~(笑)

    とりあえずシャツネタに食いついてしまいましたが、
    また来ますね!!

  • ryo_yashiro

    リュータンさん、こんばんは!
    コメントありがとうございます。

    コメント欄はどうも分りにくいようで、ご迷惑をおかけしています(汗)
    普段はこんなキレイにシャツを保管していませんが、撮影用に段階的に色を変えてセッティングしましたよ。
    こちらのラックは有名なので東京のセレクトショップでも取り扱いがあると思います。奥様との共用でいかがでしょうか(笑)?

×