気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

憧れのK.JACKET part2 ~ふわとろジャケット~

2010年8月2日 

KJ1

前回からの続きとなります。ついに、憧れのボリオリ K.JACKET、買ってしまいました!コレを入れてくれたAlbanoさんありがとうございます!

色はネイビー、素材はウール100%です。「あれっ、カシミアじゃないの?」なんて声が聞こえてきそうですが、今はウールのK.JACKETもリリースされているんです。ウールと言っても、ゼニアの最高級品を使っているそうで、チクチク感は皆無です。タッチはカシミアそのもので、もうフワッフワッでトロットロッです!名付けて「ふわとろジャケット」なんてどうでしょう?それでいてウールなので、カシミアより断然お財布に優しいのです!

着心地はジャージージャケット並の柔らかさで、フワッとカーディガンを羽織っているような感じです。ニットジャケットにも近い着心地ですね。サイズ感はコートと同じだと思っていましたが、コレはむしろドーヴァーやワイトに近いです。コンパクトな肩周りや生地が胴にまとわりついてくるパターンはさすがです。この辺のさじ加減は、ボリオリはどのモデルでも上手いですね。

ちなみに、コチラはALL ABOUTのボリオリの記事で紹介されているK.JACKETの色違いでしょうね。

K.JACKETの格好良さは、語るよりも写真を見てもらった方が分かります。

KJ3

今シーズンからボタンにブランド名が入りました。袖は本切羽になっています。ステッチのあたりの出方がイイ!

KJ5

ヒゲの処理はドーヴァーやワイトには無いディティールです。ちなみにコートにもありますね。

KJ7

自然なカーブを描くラペルの返り。丹念なアイロンワークの賜物です!

KJ4

ホワイトバランスがおかしいわけではありません!商品タグがブルーに染まっています。製品染めをしている証ですね。

KJ6

K.JACKET、ボリオリの理念「TAKE IT AS IT IS(自由に着てくれ!)」を体言したジャケットだと思います!自分にとって大切な一着になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
7件のコメント
COMENT
  • なるほどなるほど。ナイスアイロンですねw
    ウールならばお財布に優しい!?
    いや、なかなか厳しいのでは?
    僕、厳しい人嫌いですw

  • 毎度です^0^
    おぉぉ~カシミヤじゃないけどK.JKTってあるんですか?
    初めてしりました(素人ですいません)!!
    何か見ているのと聞いているだけで、ふわとろ感が伝わってきますぞ♪
    これを着ちゃうと他の物着れなくなっちゃいそうですね(笑)
    これは大切にして下さい!!イイナァ~(>0<)

  • コレ、katsuさんが思ってるほど高くないですよw
    富山の良いところは、海産物がウマイのと、ボリオリが安いことです!
    だけど、女の子はイマイチ!?どうでしょう?

  • しょうちんさん、こんばんは。
    私もカシミアのモノしか知りませんでしたが、ウールバージョンでも素晴らしかったので、ついつい買ってしまいました!春夏のリネンのK.JACKETなんかも、なんだか気になってきましたね。
    ボリオリのコートもかなりお気に入りだったのですが、K.JACKETを着てしまうと・・・格の違いまざまざと見せつけれられます。世界的にはK.JACKETが人気なのが頷けます!

  • アルバーノ

    K.JACKET気に入っていただいたようでよかったです。
    本日フィナモレの第1回目の入荷がありました。残念な事にご注文のシャツは、今回の入荷分に入ってなかったです。スイマセン。
    あと、PTのパンツも4型くらいですが入荷いたしました。
    ファッシーノのモデルで、コットンなんだけどウールっぽく見えるおススメのものがあります。また、時間があったらお店寄って下さいませ。

  • こんばんは。
    大物登場ですねー。
    洗いがかかったネイビーの色合いが独特でいいですね。
    羨ましいです。

  • こんにちは、アウスレーゼさん。
    いつもコメントありがとうございます。
    製品染めによって生まれる深みのあるネイビーがイイ!です。
    こんな色合いのジャケット、ナカナカ無いと思います。
    世間的にはワイトなんでしょうけど、K.ジャケットにちょっとはまってしまうかもしれません。

×