気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

アスペジM-65のドカジャン対策

2015年1月6日 

前から薄々気がついていたんですが、アスペジのネイビーのM-65を買って改めて認識しました。

アスペジのM-65は“ドカジャン”っぽいてことです。特にネイビー(紺色)はその傾向が大です。昔のコントで、ビートたけしが演じる角刈りで青髯が目立つのオッサンが着ていたアレです。下の写真のブルゾンがまさに「ドカジャン」ですね。

改めて見ると、ポケットの数や作りまで一緒です。もちろん色も濃いネイビーです。襟の内側のボアは違いますが、襟を立てたら殆どM-65のような。。。作業着までに影響を及ぼすとは、さすがはM-65といったところです。

ちなみに、下が私が着用した時の写真です。

aspesi_dokajyan3

インナーのザノーネのブルーのタートルネックは問題ないとおもいます。ですが、ボトムがノークリースの若干緩めで、洗い加工がしてあるインコテックスレッドなせいか、ちょっとドカジャン度がアップしているような。。。

aspesi_dokajyan4

水色のマフラーを追加すると、ドカジャン度は下がったかな!?後はパンツを細身でクリースつきのものに変えれば、なお良いでしょうね。そんなわけで、アスペジのネイビーM-65にはマフラーかストールを忘れないようにしたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×