気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

Aldenのスエードブーツのデビュー

2013年12月1日 

今年のハワイ旅行で買ったオールデンのレザーソウル別注のスエードブーツ。この前にディアドラのハイカットスニーカーを買ったせいもあり、なかなかデビューさせることができなかったのですが、ようやく履きおろしました!

alden_leathersoul_logo

履き心地ですが、土踏まずがしっかり支えられて、歩くのが気持ちよくなりますね。履き込んでいけば、インソールが足型に馴染んで極上のフィット感が得られそう。雪に強いスエードブーツですので、これから本格的な冬を迎える北海道では、出番が多くなりそうな一足です。

Aldenを軸にした今日のスタイリングはこちらです!

boglioli+PT01+Alden
coat:BOGLIOLI
pants:PT01
shoes:Alden

ボリオリのPコートは5年ほど前のものですが、未だに一番お気に入りのコートです。厚手のメルトンはやれた感じはありませんし、ビシッと立つ襟がきまっています。パンツは去年に買ったPT01のコットンパンツです。オフワイトがタバコ色のスエードブーツによく合います。もっともスタイリング自体はいたって普通なので、ストールなどで華やかさを加えたほうがよいでしょうね。

ついでにASPESIのM-65(デサフィナードマン)も合わせてみました。

ASPESI+PT01+Alden
blouson:ASPESI
pants:PT01
shoes:Alden

アスペジを合わせると、さらにフツーなスタイリングになりますが、安定感はありますね。オールデンにアスペジと、ド定番ブランドなので、見る人が見ればすぐにどこのブランドか分るでしょう。ロゴはどこにも無いんですけどね。ちなみに、私はブランドがバレバレになる格好で、服は買いに行きたくありません。店員さんやそこのお客さんに「ああ○○着ているな」と、値踏みされる気分になりますからね。かなり個人的な意見だと思いますが(笑)。

他に合わせるパンツとしては、GTAのウールカーゴパンツにも合いそうですね。無骨なブーツにはデニムよりもウールパンツや白パンなど、それとなく品があるパンツがよい気がします。トップスはウールリッチのアークティックパーカーなどボリュームがあるものがよいでしょうか。機会があればまたご紹介しますね〜。ではでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×