気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

Albanoさんに行ってきました! 2015SS part2

2015年4月29日 

いつもごとく仕事が忙しいため、ちょっと油断すると更新の間が空いてしまいます…4月上旬に訪れたAlbanoさんの訪問記が続きます。

albano_night

デペトリロのジャケットを着倒して、店内を見回すとこんなジャケットが目に付きます。

2015SS_cantarelli_window4

Cantarelli(カンタレリ)のグレーがかったブラウンのグレンチェックのスーツです。いつのまにAlbanoさんでカンタレリを取り扱っているのかと思いきや、こちらは秋冬用のサンプルでした。Albaoさんでもカンタレリを来シーズンから扱うみたいですよ。次の秋冬からAlbanoさんの顔ともいえるブランドが卒業してしまうそうですが、しっかりと新顔も用意してくれているようです。

こちらはサイズが46と、偶然にも私のサイズでしたので試着してみます。

2015SS_cantarelli_window3

デペトリロと比べると、肩幅が広く男らしいスタイルになります。カンタレリの方がオッさんくさい もとい、オーソドックスなスタイルです。ただ、パンツは股上浅めのスリムフィットで現代的ですね。

チェックのスーツですが、下の写真のコーディネートのようにシャツとタイを無地にすれば、仕事でも着られそうですね。最近は無地のジャケットやスーツに飽きつつありますので、こんな渋いチェックが個人的に大いに気になります。サンプルで無ければ欲しかったな〜。因みにタイはTITO ALLEGRETTO(ティート・アッレグレット)というブランドのものです。メランジ調の生地で雰囲気のあるネクタイですよ。

2015SS_cantarelli_window

柄物のスーツなので、ジャケット単品使いもいけそうです。白系のパンツ、ブルーのシャツ、と鉄板な組み合わせです。

2015SS_cantarelli_window2

こちらは昨シーズンのモデルですが、掘り出し物ですよ。

2015SS_boglioli_linen

BOGLIOLI(ボリオリ)のリネン混の紺ジャケットです。42サイズですが大きめにできているみたいで、46の私でも着られます。リネン100%のボリオリのK.jacketを愛用している私としては、かなりお勧めのブツです!カジュアル化が進んでいる今なら、インナーに白TやボーダーTを合わせて着られます。今シーズンのものでないので、お買い得価格のはずですよ。

ジャケットの中に着ているシャツはフィナモレのセルジオです。イエロベースのチェックが新鮮です。Albanoさんでのフィナモレの取り扱いは今シーズン限りのようですので、試着もこれで最後でしょうか!?ちょっと寂しくなりますね…

次回以降はカジュアル編です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×