気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

Albanoさんに行ってきました2015SS part3

2015年5月5日 

引き続きAlbanoさんの訪問記となります。

スーツやジャケットが得意のAlbanoさんですが、もちろんカジュアルも取り扱っています。一押しがオリジナルヴィンテージスタイル(O.V.S)です。

original_vintage_shirts_vest

シャツとベストがO.V.Sで、パンツがジェルマーノ。襟形は最近見かけるようになってきたバンドカラーです。いつものシャツに変化をつけたい時はぴったりですね。見ているだけではピンときませんでしたが、着てみると欲しくなるのがO.V.Sです。
ジェルマーノのパンツはエキストラスリムフィットで腿にピタっと張り付きますが、薄く軽めの生地とストレッチでストレスはゼロです。

original_vintage_shirts

こちらもO.V.Sのシャツです。ショートポイントの襟ですが、第1ボタンを取り払ってVネックのように首元が開いています。変化球なシャツですが、着てみると涼しげで馴染んでみますよ。

aspesi_blのコピー

こちらはアスペジ(ASPESI)のナイロンジャケットです。見た目はジャケットタイプですが、ラペル上部のボタンを留めることによりブルゾンのように着られます。取り外しが可能なフードもついています。天気や気温で着方を変えられますし、シワや汚れがつきにくいので旅行の時に重宝しそうです。

aspesi_bl2

ASPESIは他にも定番のM-65やスプリングコートも取り扱っていますよ。

sealup_standcolor

こちらはAlbanoさん大推薦のコートブランドのシーラップ(Selup)のスプリングコートです。写真からでもナイロンの高い質感が伝わってきますよね。パイプをくゆらせているおじさんのデカタグもお馴染みです。

sealup_standcolor2

日本の代理店にイザイアを取り扱っているSDIがついたそうで、サイズ感が良くなっています。シャツの上から羽織ってもジャストフィットです。茶色いボタンもアクセントになっていますね。

casual_shirts

下の段には今シーズンのフィナモレ(finamore)が並んでいます。定番の柄というよりも、いつもの通り個性的な生地が多く、自分だけのシャツが買えます。

試着したものはだいたい以上になりますが、Albanoさん訪問記はもう少し続きます…

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×