気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

アルバーノ訪問記2015FW part2

2015年9月30日 

アルバーノで狙っていたものは

アルバーノさんへの訪問で散々デペトリロ(De Petrillo)を試着しておきながら、実は狙っていたアイテムが別にありました。それがこちら。

canrarelli_window_suits

カンタレリ(Cantarelli)のスーツです。コチラは今年の4月にアルバーノさんへ訪れた時にたまたま見かけたスーツです。グレージュ地の無地に、近いグレンプレイドにオレンジともベージュともつかないペンが入った生地にほとんど一目惚れでしたが、この段階ではアルバーノさんが代理店から借りていたサンプル品。モデルとサイズ確認用なので買うことはできません。ところが、私の物欲しそうな目を忘れないでいてくれたオーナーさんが、秋冬のこの段階で代理店からサンプル品を買い付けてくれたのです。ありがたやありがたや。

スーツとしては、オーソドックスな形をしています。個人的にはタイトな肩幅でスマートに見せてくれるデペトリロの方が好きですが、長く着るのであればこちらもいいかもしれません。なお、上の写真で着ているシャツとネクタイはアルバーノさんのものをお借りしています。白シャツでも悪くありませんが、コントラストがつきすぎてネクタイが浮いてますね。シャツの色は少し考えた方が良さそうです…

canrarelli_window_suits_up
生地のアップ

サンプル品でサイズを選ぶことはできませんが、こちらはマイサイズの46。袖の長さまでぴったりです。パンツの裾巾が若干大きかったため、裾巾と丈だけお直ししています。一点もので不特定多数の方が試着しているサンプル品のため、お値段的にもお買い得です(大台は超えてますけどね…)。

アルバーノ訪問編はもう少しだけ続きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×