気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

2017年 Albanoセール情報 Vol.1

2017年1月1日 

最近は富山の名店Albanoさんの売り上げに貢献できておらず、東京支店長から平社員に自ら降格を申しでた私です。1月2日から始まるAlbanoさんのセール情報で皆様のお役にたてれば。。。

Albanoさんのセールのいいところは、第1に宝探し気分を味わえるところです。いつ行っても在庫の山もとい、宝の山に圧倒されてしまいます。試着当時はさほど刺さらなかったモノでも、今ではイイかもと思えてくるブツがあり、行くたびに新たな発見があります。ネットショップをされていないせいか、意外といいものが残っているんですよね。一昨年はアスペジのM-65、昨年は同じくダウンベストのAGILEと、アルバーノさんのセールにて定番モノをよくお世話になっています。定番回収係でスミマセンAlbanoさん。

宝探しの中で個人的に気に入ったのが、このシーラップのウールのカーキ色のトレンチコート。2〜3年前モデルですが定番なので全く古さはありません。今の定価でしたら15万円はくだらないと思いますが、コチラは諭吉が10人以下で買えるはずです(要相談)。サイズは48で175cmの中肉中背の私がスーツの上からちょうどよく着られます。セールで売れなければ今秋に私が引き取ることにします。

第2には、スーツやジャケットの品揃えが素晴らしい点にあります。クロージングでしたら丸の内のビームスと比べても負けないんじゃないかな。Albanoさんに行けば、まず好みのものが見つかると思います。最近のものでしたらデペトリロ、エリコフォルミコラ、ティト・アレグレット、ちょっと前のものでしたらガイオラやボリオリなどが並んでいます。

有名セレクトショップはお客さんが多いために、ゆっくりと試着ができませんが、Albanoさんは比較的落ち着いて落ち着いて試着ができます。最長で3日間入り浸った方がいるそうなので、一見さんでも気をくれせずに長居ができるのでは!?

上はデペトリロのウィンドウペンの3ピースのスーツです。こちらはもう少しペンが控えめだったらよかったのですが。。。ですが、きっと好きな方はいらっしゃると思います。

地方にある個人店のセールですが、絶対に見る価値のある名店だと思います。北陸のうまい魚を食べるのと一緒に来られるのをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×