気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

2014FWで欲しいもの

2014年8月17日 

いつものごとく久しぶりの更新となります。最近はいつもこんな書き出しなっていますが、仕事にかかりっきりで、なかなかブログまで気が回らない状況です。

今年はいつのまにかセールまで終わってしまいましたが、去年の夏のセールで買ったボリオリのコットンスーツは掘り出し物でした。綿生地のスーツを買ったのは初めてでしたが、かなり使い勝手が良いです。まず、色がネイビーなので、いつものウール地のスーツと同じように使えます。コットンスーツといえばベージュのソラーロですが、普通のサラリーマンが仕事着として着るのは厳しいでしょう。

さらに、合わせる物はシャツはもちろんポロシャツでもなんでもござれです。今の私は普段は作業着で仕事をし、たまにスーツを着て出張ですが、出張が週末にかかる場合、出先の休日は下の写真のようにポロシャツを合わせています。ポロシャツを白にすれば、仕事着でもいけますね。

boglioli_smedley
suits:BOGLIOLI
polo shirts:JOHN SMEDLEY

コットン地は、着込んでいくといい感じにこなれてきそうです。シーズンが終わりましたらウォータークリーニングに出して、大切に着たいですね。

boglioli_cotton_up

休日着にスーツというと、固い感じがするかもしれませんが、カッコ良さを追求すると、男はやはりスーツにたどり着くと思います。そんなわけで、今年の秋冬ではスーツが欲しいです。ジャケットではありませんよ、あくまでスーツです!

自分はチェックのスーツを一着も持っていませんので、こんな感じのスーツが気になります。

こんなスーツでしたら、オンオフで着られそうですね。仕事ではプレーンな白シャツに、ウールのソリッドタイ。休日はシャツの代わりに、タートルネックのニットなどがよさそうです。さらに、寒くなりましたら、ウールやスエード生地の落ち着いたダウンベストを合わせてスポーティーに着てもよいかもしれません。モデルがドーバーでなく、フラップポケットでやや構築的なハンプトンなのが、個人的には惜しい!ですが。

今年は秋に富山のアルバーノさんに行く機会がありますので、その時に色々とチェックします!

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×

あわせて読みたい

    None Found