気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

合わせやすいジャッカジレのコーディネート

2013年12月22日 

グーグルのサービスに、自分のブログがあるキーワードに対してどれだけの検索順位かを計るツールがあります。当方のブログでは「オールデン」や「ボリオリ」などのビッグワードには、まったく弱いのですが、「ジャッカジレ」ぐらいのマイナーなワードだと意外と健闘しています。そこで今回はジャッカジレをネタにします!

改めて、ジャッカジレとは、ジャケット(ジャッカ)の上にダウンベスト(ジレ)を羽織ったイタリアンなコーディネートです。日本では天然記念物級にレアなスタイルだけに、一歩間違えると「還暦を迎えて、ちゃんちゃんこを着させられたお父さん」になってしまいます。

ジャッカジレを自然に見せるには下記の2点がポイントです。こちらは、あくまで合わせやすさ前提に考えているので、守れていなくても格好良く見せることができると思いますよ。

  • ジャケットとダウンベストを同色系にする
  • ジャケットとジレの着丈を合わせる

手持ちのアイテムでコーディネートしてみるとこんな感じです。ニットジャケット以外は今シーズンに買ったものです。

finamore+solosali_remirelief
downvest:remi relief
knit jacket:solosali
shirts:finamore
pants:GTA design
shoes:diadora

ジャッカジレのコーディネートで一番気になるのが、ダウンベストからジャケットの裾が出ている点です。ダウンベストって、着丈が短いものが多いですからね。見馴れればそれも味なんですが、違和感がないように見せるのでしたら、長めのダウンベストか、短めのジャケットを選ぶとよいかと思います。

上のコーディネートのジャケットはソロサリ(今年からスパッツィオ86)のニットジャケットで、レミレリーフのダウンベストとほぼ同じ着丈で、同系色です。テーラードのジャケットよりもカジュアルなニットジャケットのほうが、ジャッカジレと気負わずにサラッと合わせられますよ。

でっ、実際に着てみました。
ribpants_knitjacket_downvest
なんだか、ジャケットとベストが馴染みすぎて、遠目ではジャッカジレと気がついてもらえない可能性も…

そうは言いつつも、初めて挑戦するのなら、これぐらいの合わせ方が無難かもしれませんね。馴れてきたら、グレー系のジャケットに合わせて、コントラストを楽しむのもありでしょう。ジャッカジレの組み合わせは、これからもご紹介していきますよ〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×