気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

フィナモレ(finamore)スポーツシャツ

2010年1月23日 

finamore1
1925年イタリアナポリにて創業のブランド、フィナモレのスポーツシャツ。洗いがかかっています。
このシャツ、襟の形に特徴があり、艶ぽいというかキザというか、とにかく雰囲気があります。一昔前に襟が高いシャツに人気がありましたが、ああしたシャツにありがちなあざとさがなく、ぎりぎりのバランスで色気を放っています。
玉木弘や及川光博のような王子様的ルックスの人にぴったりです。ちなみに、わたくし朝晩納豆をかかさず食べていたことから「納豆王子」と昔呼ばれていました。
日本のシャツ屋さんでは、既存のシャツの造り方にとらわれて、このようなシャツのデザインは難しいでしょうね。スーツや靴は日本のユニークな作り手が頭角を現しています。センスのあるシャツ屋さんも求む!
finamore3

このエントリーをはてなブックマークに追加
6件のコメント
COMENT
  • JulieOさん、こんばんは☆
    フィナモレ大分お持ちのようですね~♪
    あの独特のカッタウェイカラーが素敵ですよね!!
    ボリオリ(ドーバースーツ)もそうですが、かなりコダワリを持って選んでいらっしゃるのがすごく良く分かりますよ!
    僕は残念なことにインポート物はことごとく袖丈が長いので無理なんです(笑)
    僕も着たいなぁ~(TUT)
    リンクありがとうございました♪
    僕も遅ればせながら貼らせて頂きます!
    今後ともよろしくお願いいたします(>0<)!!

  • うちのおかんが見たら、
    無性にアイロンかけたくなるシャツ発見。
    この前実家戻ったときこのシャツ着てったら、
    洗濯後おもむろにアイロンをとりだすおかん。
    慌てて愛しのフィナモレ、取り返しました。
    フィナモレのボタンを1つ2つ外して、首元にスカーフ。
    ほんと羽織るだけで決まるシャツですね。
    ぢつは、うめっつは今季初フィナモレでした。
    これからも予算が許す範囲でちょこちょこ買い足したいなぁ。

  • しょちんさん、こんにちは。
    そうです、フィナモレのシャツが大好物で1シーズン1着のペースで買ってます。本文にあるように、日本製シャツにない雰囲気が好きなんです。
    フィナモレのスポーツシャツは直しなしで着ていますが、ドレスシャツは袖丈を直して着てますよ。カフスを袖からはずして、袖先からつめて、再びカフスを付け直します。値段は1500円くらいで、綺麗に仕上がりますよ。興味があればお試しあれ!
    あっ、後スポーツシャツなら、カフス分をまくって着ても自然ですよ。むしろシャツの袖先に表情が出て、そっちのほうがお洒落かも。

  • うめっつさんこんにちは。
    優しいおかんですね~。私が家に帰っても、ウチのおかんはアイロンなんかかけてくれませんよ。
    フィナモレにスカーフですか、さらに王子様度がUPしますね。
    私はスカーフは気恥ずかしくて、する勇気がないんです。
    ぜひ、その姿をうめっつさんのブログにUP、よろしくお願いします!

  • フィナモレ。1枚も持っていませんw
    でも気になっています。
    春先などシャツイチの時、よさげですよねー。
    1度試してみたいなぁ・・・

  • フィナモレのシャツ、katsuさんのスタイルにも合うと思います。
    ヤコブにタックインするとばっちり決まりますよ~。
    腕まくりすれば夏までOK!

×