気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

エラー 洋服サイズが大きすぎます。お直しに出しましょう

2010年5月24日 

当たり前でですが洋服のサイズ、重要ですよね~。お気に入り商品が見つかっても、マイサイズが無くて何度涙をのんだことか(お財布さんからみれば何度助けらたことか)・・・。
ちなみに私のスペックは身長は170cm代中頃、体重は60kg前半、痩せ型で肩が張っています。この体型だと一般的には46(M)サイズでしょうね。私も数年前までは46だと思い込んでいました。
ところが、ボリオリやリングヂャケットなんかを着る機会が増えてくると、明らかに44(s)サイズの方がしっくりするんですよね~。コチラの方が、胸から胴回りのフィット感が増して、よりスマートに格好良く見せてくれます。それでいて肩周りは窮屈でありません。クラシコ系のブランドだとジャケットの肩周りの稼動域が大きいため、洋服のサイズに対して肩が大きくても、上手く肩が収まってしまうのかもしれません。この辺は明確なことが言えませんけど・・・。
しかし、思い込みは怖いですね~。今はシャツやポロも44サイズです。以前に買った46のモノはだいぶお蔵入りになってしまいました(涙)。
もしかしたら、ボリオリのサイズの参考に私のブログを読んでいる方がいるかもしれません。個人的な感覚で申し訳ありませんが、モデルごとにサイズをまとめてみました。
ドーヴァー=ワイト <<<< コート < スーツ
ドーヴァーとワイトはコートやスーツに比べると明らかに着丈、身幅、袖丈など小さいです。手長猿の私はドーヴァーの袖を無理やり出して着てます。ボリオリは基本的に44ですが、ドーヴァーとワイトに関してはワンサイズ上げても違和感はないですね。コートとスーツだと気持ちスーツの方が大きいでしょうか。基本的にはコートの44サイズでまったくお直し無しで着ることができます。K.jaketは持っていませんが、基本的にはコートと同サイズのはずです。
ちなみに、私のお気に入りのシャツブランドのフィナモレ。こちらはシーズン毎に微妙にサイズが違います!「俺たちは過去と同じものは作らない」これがイタリア人の美意識なんでしょうか?とにかく通販で購入される方は気をつけてくださいね~。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントはまだありません
COMENT
×