気ままにクラシコ

カッコだけはエリートリーマンな三十男がファッションについて語ります


ARTICLE

エイジング…

2010年2月28日 

レンガ車庫
写真は新潟県の糸魚川駅にある1912年に竣工した総レンガ造りの車庫です。現在建設中の北陸新幹線のルート上にあるため、100歳を前に取り壊されてしまいます。古ーいモノ全般が好きな私としては非常に残念ですね…
多くの人が価値を認めながらも、現在の自治体の財政状況では移築での保存は困難なようです。安易な箱物行政の批判はしたくありませんが、一昔前の箱物に投じたお金があれば、と思うとなんだかやりきれません。築100年のレンガ車庫と地方に不釣合いな金ぴかの建物、どちらが50年後100年後に評価されるでしょうか?価値に気づいたときには遅かったということでしょかね…。
車庫には一つ一つ手で積んでいったレンガの不完全さがつくる温もりや、北陸の厳しい気候の中で、使い込まれることによって生じる美しさがありますね。良い具合にエイジングされています。
このレンガ車庫とまではいきませんが、下の写真のKOKONさんの靴も履いて、磨いて、修理して自分のものにしていきたいですね。
靴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2件のコメント
COMENT
  • JulieOさん、こんにちは^0^
    取り壊しですか…寂しい話ですね(TUT)
    我が北陸は新幹線問題が山済みでバタバタしっぱなしですから、要らない物は切り捨て感が高まってます…。
    スキンステッチはやはり職人の賜物ですね♪
    使えば使うはど愛着が湧くのが「靴」!自分の足のように大事にしていきましょうね!!

  • しょうちんさん、こんにちは。
    民主党は「コンクリートから人へ」なんて行ってますが、北陸新幹線は早く出来て欲しいですよね~。都内へのパトロールもしやすくなりますし…
    KOKONさんのスキンステッチは凄く綺麗ですよ~。左右両方の靴を見比べてもほとんど歪みが無いですし。いい仕事してます。

×